シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

ヘンテコ英語の本場は日本!?

Engrish.comで間違った英語をチェック

今までも「和製英語」などネイティブには通じない英語を何度か取り上げてきました。「ヘンテコ英語」と呼ばれたりもしますが、実は日本が本場であると言われているのはご存知でしょうか?

シャドースピーキング-114例えば日本のホテルの室内に“Please Do Not Smoke This Room.”と書かれた禁煙のサインが置かれているところがあるそうです。

この英文を読んでおかしな表現であることに気が付きませんか?

そのまま直訳すると「この部屋を吸わないでください」となってしまうんですよね(笑)

正しくは“Smoke”の後に“in”を入れるか“No Smoking In This Room.”となります。

要するに「それっぽいけど間違っている英語」が日本の色々な所で使われているのです。

日本だけではなく他の国でも不可思議なヘンテコ英語はありますが、Engrish.comというサイトではそういったヘンテコ英語がジョークとして掲載されています。

ちなみに“English”を“L”ではなく“R”で表しているのも一種のジョーク。私たち日本人が“L”と“R”の発音が苦手だということを逆手に取った皮肉なんだそうです(笑)

このサイトの管理人さんの一人が日本語での解説をしているのですが、ポカリスエット=「ポカリさんの汗」という「Engrish」の代表作品を取り上げています。

普段日本で目にしている英語、英文の間違いをジョークとして指摘し、ツッコミや正しい表現を見ることができる。それがEngrish.comです。あえて間違っているものを見るのも勉強になりますので興味がありましたら一度見てみてくださいね^^

 - contents , ,