シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

ベタなアメリカンジョーク

さらっと使えるショートアメリカンジョーク

前回までアメリカンジョークの「サーカズム」についてお話をさせていただきました。アメリカンジョークはブラックユーモアや自虐ネタ、知的な切り返しが多いものです。日本のお笑いに通じるところもありますが、やはり若干の温度差はあるかもしれません。

なぜなら、外国人の場合にはホームパーティ等で「ちょっと聞いてくれ!こんな傑作なジョークがあるんだ!」と自分のハードルを上げてからジョークを言ったりすることが多いからです。某テレビ局の「すべらない話」を毎回やっているような感じでしょうか^^;

そんなアメリカンジョークを巧みに(?)使いこなす外国人と面白い会話をするにあたって…「ベタなアメリカンジョーク」のひとつも知らないのでは、対抗できませんよね(笑)

通常の日常会話やビジネス会話だけでなく、ちょっとした変わり種をもっていることで、より会話の幅が広がり表現力も高まります。

そこで、今回は代表的なアメリカンジョークをいくつかご紹介したいと思います。

英文 Customer:Excuse me, but I saw your thumb in my soupwhen you were carrying it.
日本語訳 お客様:すいません、運ぶときにあなたの親指がスープに入っていたようなんですが…
英文 Waitress:Oh, that’s okay.The soup isn’t hot.
日本語訳 ウェイトレス:大丈夫ですよ。やけどしていませんよ。

シャドースピーキング-86これは分かりやすいジョークですね^^

日本だったらこの後に「いやいや、そうじゃない!」といったツッコミを入れるべきなんでしょうか(笑)

英文 Short skirts have a tendency to make men polite.
Have you ever seen a man geton a bus ahead of one.
日本語訳 ミニスカートは男性を紳士にする。
先にバスへ乗り込む男性はいないからだ。

レディーファーストと男性の下心を引っかけたジョークですね^^

表現をアレンジして使うこともできますので、機会があれば是非お試しください♪

 - contents ,