シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

この人の代表作といえば??

スティーヴン・スピルバーグの格言

今回は世界的にも有名な映画プロデューサーであるスティーヴン・スピルバーグの格言

スティーヴン・スピルバーグといえば、どの映画を思い浮かべますか?大ヒット作がいくつもあるので「一つに絞れない!」という人もいるのではないでしょうか?

ジョーズ、未知との遭遇、E・T、インディ・ジョーンズ、ターミナル、ジュラシックパーク、リンカーン等々…もう本当にいっぱいありますよね!

そんな数々の名作を創ってきたスティーヴン・スピルバーグですが、彼の名言にこのようなものがあります。

“I don’t dream at night, I dream all day; I dream for a living.”

ぱっと見て意味はなんとなくわかると思います。

「僕は夜夢を見るんじゃない、一日中夢を見ている。生きる糧として夢を見ている」

144_シャドースピーキング_image数々の名作を世に送り出してきた名監督の「夢」に対する考え方ですね。「夢をかなえたい!」と思ったときに使いたい格言で、座右の銘としている人も多いようです。

この格言に含まれている“I dream all day;”の「;」は、あまりなじみが無いかもしれませんね。この「;」はセミコロンと読むのですが、「.」(ピリオド)と「,」(コンマ)が合体したものになります。

これを英文中で使うとき「文章A ; 文章B」と表記された場合、「文章A = 文章B」の形が成り立つのです。BがAの原因や理由となるとき、またはほぼ対等なものが並ぶときに使います。

つまり、「生きる糧として一日中夢を見ている」といった解釈の仕方になります。もしあなたが夢をかなえたいと考えているなら、座右の銘にしてみてはいかがでしょうか?

 - contents ,