シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

座右の銘はなんですか?

英語の名言・格言

今回は少し視点を変えて、「座右の銘」「名言」についてお話しをしたいと思います。

「座右の銘」とは、それを自分のそばに置いて激励したり、戒めたりする格言のことです。

うまくいかなくてへこたれそうな時に、その「座右の銘」を見ると元気が出て、気持ちを引き締め直したりします。座右の銘は、過去の偉人や有名人またはマンガや小説、映画などでグッときた言葉であることが多いです。

例えば、
「人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。」

シャドースピーキング-59これはかつて坂本竜馬が言ったとされる格言です。良い言葉ですよね^^

こういった格言に感銘を受けるかどうかは各々違うと思いますが、心にグッとくる素敵な言葉は必ずあるはずです。そこで「英語の格言」から座右の銘を探してみませんか?

例えばアメリカ合衆国の建国の父の一人として讃えられているベンジャミン・フランクリン。

彼が言った言葉に
“One today is worth two tomorrow.”

という格言があります。

これは「今日という一日は、明日という日の二日分の値打ちがある。」といった意味なのですが、「今日という日を後悔しないために」と捉え、座右の銘にしている人も多いようです。

この言葉をどういった場面で言ったのか、いつ誰に向けて放った言葉なのかを調べてみると良いでしょう。発言者の考えや意図を理解することにつながるため、表現力や理解力の向上にも役立ちます。

 - contents ,