シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

忘れるのなんか当たり前なのです

復習を効率的に行う方法

先日、ちょっとした機会に覚えたはずの言葉がどうしても出てこなかったということがありました。その時は別の言葉を使ってなんとか表現できたので事なきを得たのですが、忘れていたこと自体がショックでした…。

とは言うものの、脳科学的には実は忘れるのが当たり前なのでさほど気にしてはいないんですけどね(^^;)

英語を忘れない方法として「復習」することが最も大事であるという認識は多くの人が持っていますよね。ただ、その「復習」も効率よく行わないと良い効果を生みません。

復習を効率的に行うときの意識としては「おもしろいと思いながらやる」ことです。おもしろい、楽しいといった感情で興味を持って対象に向かっているとき脳内ではシータ波が出ています。

130_シャドースピーキング_image初めて体験したことや楽しかったこと等は、たった1度のことでもよく覚えているといったことはありませんか?

それこそがシータ波のはたらきによるものです。なので、シータ波が出ているときは「覚えやすい=復習が少なくても覚える」ということになります。

また、復習を「いつ」やると効果的かご存知ですか?

「いつやるの?今でしょ!」ではなく(笑)、実はきちんと脳科学的にある時期に復習を行うと良いというデータが出ています。

それは、「1週間後に1回目の復習」をするのが最も効率的だそうです。さらに次の復習として、「その復習から2週間後に2回目の復習」そして最後に「その復習から4週間後に3回目の復習」

このようなサイクルで復習に取り組むと効果的だそうです(^^)

今日覚えたことは1週間後に復習し、復習した日から2週間後に再度復習。さらに1ヵ月後にダメ押しの復習。

復習を「面白い」という意識を持ちつつ、きちんとスケジューリングし実践していけば効果は高まっていきます。

そして、もちろん「忘れるのなんか当たり前」という気持ちも持っていてくださいね。忘れるのなんか当たり前なんですから、復習が大事と思えますし、復習の復習も必要と考えられるからです^^

 - contents