シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

カラオケで気付く自分の英語力

自分が歌った歌を聴いてみる

先日より、日常生活で英語を楽しもう!というテーマで洋楽、映画、ゲーム等のお話をさせていただきました。今回は「カラオケ」です。

カラオケといえば何人かで楽しむものという認識があるかもしれません。でも、一人で行っても結構楽しめます。

045_シャドースピーキング_image最近は一人でカラオケを楽しむ「ヒトカラ」というスタイルも、だいぶ市民権を得てきたように思えます。一人で歌うと練習になる、周りに気兼ねなく歌えるなど、需要は増え続けているようです。

そんなカラオケですが、当然のように洋楽も多数配信されていますよね。JOYSOUNDというカラオケ機種の公式サイトを見ると、「洋楽でも歌いやすいカラオケソング特集」という特集ページがあるくらいです。

ヒトカラでも皆でカラオケでも良いですが、普段聴いて覚えた洋楽を歌ってみると英語力アップにつながります。ここまでは以前のメールでもお伝えしましたね(笑)

ここではもう一歩踏み込んで、「自分が歌った歌を聴いてみる」という楽しみ方をご紹介したいと思います。

今、JOYSOUNDのカラオケにはうたスキ動画という機能があるのはご存知ですか?

うたスキ動画とは、カラオケ店で歌っている様子を動画として撮影し、ネットにアップできる機能のことです。顔を隠せる機能もありますし、アップした動画を自分しか見れないようにすることもできますので安心です。

この機能を使って、自分の歌った姿を見て、発音や言い回しなどをチェックしてみましょう。

何度も何度も繰り返し同じ歌で練習し、その度にうたスキ動画を作っていくと自分の上達がわかるようになります。ただ、自己流の発音などになってしまう可能性もありますので、歌った曲は時折本家の歌と比較してみるとよいでしょう。

以前の記事(スネオ君の口を真似してみる?)ボイスレコーダーを使って自分の発音などをチェックする。という方法をお伝えしましたよね?そのカラオケバージョンになります。

洋楽もただ耳で聞いているだけでなく、実際に声に出して歌ってみることでより発音や歌詞を理解することができます。

洋楽をカラオケで歌えて、さらに発音やリズムも完璧であれば周りから尊敬の眼差しを浴びるはずです^^

 - contents