シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

「異議あり!」を英語にすると?

英語も楽しめるゲームをやってみよう

先日より、日常生活で英語を楽しもう!というテーマで洋楽と映画についてお話をしてきました。今回は「ゲーム」についてお話していきたいと思います。

ひとくちに「ゲーム」と言っても色々なゲームが存在しますよね。

3DSやWiiなどゲーム機を使うもの。スマホでできる無料アプリのゲーム。クロスワードのようなアナログのゲーム。やり始めると、ついつい時間を忘れて夢中になってしまうのがゲームですよね。

思わず時間を忘れてしまうほど夢中になれるゲームを「英語でやってみたらどうだろう?」という発想をしてみてください。

どういったゲームであっても、日本で遊ぶ場合は原則言語は日本語で、英語は多少含まれる程度です。ところが、英語で楽しめるゲームも多数存在するのです^^

例えば、任天堂DSの「逆転裁判」というゲーム。

シャドースピーキング0048このゲームは古いバージョンだと、言語の設定を日本語と英語に変更できます。弁護士である主人公を操作して探偵さながらに事件を捜査し証拠を探し、裁判所で検事と戦って依頼者を守る。

そういったストーリーのゲームでアクションシーンなどはほとんどないため、ゲーム初心者でもゆっくり楽しめます♪

このゲームの名セリフとして「異議あり! 」と主人公が叫ぶのですが、これを英語版でプレイすると“Objection!”となります。

3DSのゲームには逆転裁判以外にも「海外版」というものがありますので、最初から英語で楽しめるものもあります。またゲーム機が無くてもスマホのアプリで英単語アプリなどがいくつも出ています。

PCがあるなら海外のオンラインゲームで世界中のプレイヤーとチャットしながら遊べるので生きた英会話を楽しめます。

時間を忘れてゲームをプレイしながら気付いたら英語力がアップしてしまうなんてこともあるかも!?(笑)

 - contents