シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

周りを困らせたりしていませんか?

周りを困らせる人に対して言うフレーズ

前回「困る」という英語は、シチュエーションによって表現の方法が変わるとお伝えしました。

今回は「困っている人」ではなく、「周りを困らせる人」に対して使う“困る”の表現です。

“You are such a pain in the butt.”

「困った人だね」という意味です。他にこのような使い方もできます。

英文 He’s in trouble again?
He is such a pain in the butt.
日本語訳 彼、またトラブルに巻き込まれたの?
困った人だね。

“Pain in the butt”このフレーズは「面倒で困惑させる物事」という意味になります。ですから人に限らず“厄介な問題”などに対しても使うことができます。

ちなみに、“Pain in the neck”と表現しても同じ意味合いになります。

周りから“You are such a pain in the butt”と言われないように気をつけましょう(笑)

今日は「“困った人”に使う」フレーズでした。

 - contents