シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

あなたの好きな音楽は何ですか?

感情と結び付けてみよう!

今回は脳の特徴を活かした効果的な「英語記憶法」をご紹介したいと思います。

一つ目は感情の活用です。

  • 感動で涙が出るぐらいに嬉しかったこと。
  • 穴があったら入りたいくらいに恥ずかしかったこと。
  • 顔が真っ赤になるくらいに怒ったこと。
  • 単に涙が出るだけでなく、心が裂けるくらい悲しかったこと。

こういった感情は深く記憶に残りますよね。このような感情に合った内容の単語を覚えていくというのは有効な方法です。

head-674125_640例えば洋画を見ているときに映画の中のセリフに感情が重なると、そのセリフを忘れることがありません。

ターミネーターという映画で主演のシゥワルツェネッガーが言った

“I’ll be back”

これはあまりにも有名なフレーズですよね?この場面はとても悲しい場面でしたが、英語に馴染みがない人でもよく覚えていると思います。

このように感情を上手く使って、単語のニュアンスを体得してみてください。

二つ目の方法は、脳には一つの事象から関連する他の事象を連想する働きがあり、この性質を使った方法です。

例えば、浴衣姿の女性を沢山見かけたとき「夏祭りか花火大会でもあるのかな?」と連想しますよね?喪服姿の人を見れば「お葬式でもあったのかな」と考えたりします。

このように、人は複数の出来事を「結び付けて考える=連想する」という性質があります。

連想がさらに強化されるのは音楽です。

昔の音楽を聴けば、当時の思い出が蘇ってくると思います。

あなたの好きな曲や歌手の中に英語で歌われている曲があるのであれば、ぜひ曲名から歌詞を検索してみてください。そこに出てくる単語は、他の場面で出会う単語よりもより早く身につけることができるはずです。

またその曲をカラオケに行って歌い、歌詞の内容を想像してみることで単語の意味が自然と身についていきます。

この脳の特徴を生かした「英語記憶法」を、ぜひ活用してみてくださいね!

 - contents