シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

通訳者がTOEICに強いのはなぜ?

通訳トレーニングの秘密

今回から数回に渡って「通訳者がTOEICで高得点を出せる理由」をご紹介したいと思います。

ご覧いただいている方の中には、TOEICに関心のある方も多いと思いますので楽しみに読み進めてくださいね^^

通訳のトレーニングを行う人の多くは、すでにTOEICなどの英語試験で高得点を挙げている人が大半です。

実際に通訳学校の募集要項を見ると、「TOEIC900点以上」「英検1級以上」などが最低の条件となされていることが多いことからも分かるでしょう。

しかしTOEIC900~満点を取って一般的に「あの人は英語がすごくできる」と言われている人でさえ、通訳トレーニングを始めるとすぐに自らの英語力不足に気づくものです。

だからこそ、通訳のトレーニングを通してTOEICなどの英語試験では図れないところで、英語力をアップさせているのです。

では、どのように通訳者は英語力をアップさせているのでしょうか?

通訳ブースなかなか想像できないかもしれませんが、同時通訳ブースの中は試験会場で試験を受けている方達と同じような心境にある通訳者ばかりです。

ブース内の音声が聴衆に聞こえないようにMuteボタンを押して「今何て言った??」と聞いたり、隣のパートナーと首を傾げあったり、手元の資料を無視して目を瞑り、耳から入ってくる音声に集中したりしているのです。

そんな中で、なぜプロの通訳者はある程度の質を確保しながら翻訳できるのでしょうか?

ここに実はTOEICスコアアップに役立つ通訳トレーニングの秘密が隠されています。

では、TOEICスコアアップに役立つ秘密とは一体何でしょうか?

その秘密は・・・「ロジック」を理解するということです。

英語を本当の意味で理解するには、日本語とは全く違ったロジックを理解する必要があるんですね。

実力のある通訳者はこの英語のロジックをよく理解しています。そしてスピーカーの思考回路を読むのを得意としています。

では、ロジックを理解するとはどういうことでしょうか?

この続きは次回お伝えしたいと思います♪

 - contents ,