シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

あら探しをするより改善策を見つけよ

ヘンリー・フォードの名言

英語の名言「part2」として様々な偉人や著名人の格言、名言等をご紹介しています。今回も名言をお届けしますが、今日はまず和訳からご紹介したいと思います^^

「あら探しをするより改善策を見つけよ。不平不満など誰でも言える。」

シャドースピーキング-163これは、自動車会社フォード・モーターの創設者「ヘンリー・フォード」の言葉

ヘンリー・フォードはアメリカの多くの中流の人々が購入できる自動車を開発し、世に送り出したため、「自動車の育ての親」とも呼ばれています。

そのヘンリー・フォードの言葉には後世に語り継がれる名言が多く、その中の一つがこちら。

“Don’t find fault, find a remedy; anybody can complain.”

和訳は先ほど書きましたが、非常に深く重い言葉ですね。ビジネスシーンで使える名言ではないかと思います。

ちなみに英文をそのまま訳しても先ほどの文章にはなりません。例えばあら探し =「間違い」なので“mistake”でも良いのにこの名言では“fault”が使われていますよね。

“fault”の意味の1つとして「間違いの責任」や「咎める」等が含まれるため、「誰かの間違えを探してとがめるよりも =あら探しをするよりも」で“fault”が使われています。

名言で使われている単語一つ一つを紐解いて和訳と比べてみると色々学べることもありますよ^^

また、文中には以前にもお伝えした「;」(セミコロン)が使われています。これはスティーヴン・スピルバーグの格言を紹介したときに説明しましたよね。

もし忘れてしまっていたら、以前の記事(この人の代表作といえば??)を読み返してみてくださいね^^

ヘンリー・フォードに関連する書籍は沢山あり過ぎて紹介しきれません。もし機会があれば書店やamazon等で探して読んでみてください♪

さて、英語の名言「part2」としていくつかの名言をご紹介してきましたが、このシリーズは本日で一旦終了します。また折を見て深くて重い英語の名言をご紹介させていただきますね^^

 - contents ,