シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

アメリカでティッシュを買ってはいけない?!

アメリカと日本の物価の違い

前回、国際的な観点で見ると日本もアメリカも物価は高くないというお話をしましたよね。では、その日本とアメリカでの物価の違いはどれくらいあるのでしょうか。

もちろん物によっては日本の方が高い、安い、というのはあります。アメリカで買った方が得をするものもアメリカで買ってしまうと損するものも色々踏まえた上で「全体的に見てどちらの国の方が安い」という考え方でお話を続けさせていただきますね^^

まずは食料品。果物や野菜の安さに関してはアメリカに軍配が上がります。また牛肉などの肉類もアメリカの方がかなり安く手に入ります。そのほかシリアルやパン、パンに付けるジャムやピーナッツバターなどもアメリカの方がお得。

しかし当然のことながら、日本食材は日本で購入した方がはるかに安いです^^また魚介類も日本の方が格安です。食料品に関しては消費量に基づいて値段が違ってきますので、これらは当然と言えば当然かもしれませんね。

次は飲食店。レストラン等は扱うメニューによって日本もアメリカも高い、安いがありますので判断はできません。ですが「ファーストフード」で言うとあきらかにアメリカの方が安くなります。

価格帯は両国ともさほど変わりは無いのですがボリュームが段違いなのです(笑)日本人がアメリカのファーストフードを食べる時は2人で1人前頼んだ方が良いと言われるくらいの差があります。

さて次は電化製品。これは断然日本の方が安いと言えるでしょう♪

シャドースピーキング-155大きな差があるのは「紙類」。アメリカではティッシュなどの紙類が日本よりかなり割高です。日本だと無料で貰えることにアメリカ人は驚きます(笑)アメリカに行った時、ポケットティッシュ等は買わないようにしましょう♪

他にも物価の差は色々ありますが、最後に映画館を取り上げておきます。映画館の値段というと日本であればだいたい1,500円~2,000円といったところでしょうか。

ところがアメリカでは時間帯によって値段が変わり、高い時でも1,000円以下で映画館を利用することができるのです。アメリカは映画館の動員人数が日本の約10倍と言われていますので薄利多売が通用するのですね^^

ちなみにアメリカの映画館では日本と違った雰囲気を楽しむことができます。面白いシーンで歓声が上がったり、つまらないシーンでヤジが飛んだり…

日本では静かに観賞するのがマナーとして定着していますが、そのマナー自体が息苦しいと思う外国人も多いそうです。もしアメリカの映画館を利用する機会があれば、そういった違いもぜひ楽しんでみてくださいね^^

 - contents , ,