シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

毎年どんどん生まれてくる言葉

アメリカの流行語

日本では年末になるとその一年間で人々の注目を集めた流行語大賞が発表されますよね。「今でしょ!」とか「倍返し」とかもっと以前だと「イナバウアー」とか「なんでだろう♪」もありましたね(笑)

流行語や新語といったものは毎年どんどん生まれてきます。これは日本だけでなく他の国でも同様なのです。アメリカで流行語を発表するのはオックスフォード・ディクショナリー

オックスフォード・ディクショナリーでは毎年、 インターネット上を自動的に解析し「その年に最も使われていた言葉の中から流行語を選出」という方法で、流行語大賞を決めているようです。

2014年の流行語大賞は“vape”だったそうです。これは“vaporize”の省略形で電子タバコで作られる蒸気を吸入&発散することを意味します。電子タバコは若い世代を中心にファッションアイテム的な嗜好品として急速に人気が上がっています。

シャドースピーキング-141また2013年の流行語大賞は“selfie”自撮りのことですね♪言われてみれば、外国人が上手に自撮り棒を使って自撮りしているシーンを道などでよく見かける気がします(笑)

ところで、最近の日本での流行語のあり方を考えると「その言葉が長く使われるかどうか」がポイントのような気がします。実際、過去の流行語を会話で使うと、場がシラケてしまうこともあるのではないでしょうか。

それでもさらに使いすぎると、時と場合によっては周りから白い目で見られてしまうこともあったりしますよね?(笑)新しい言葉を使うのはもちろん自由です。でも、あまり流行を追いかけ過ぎず「世間では何が流行っているのか」というアンテナを張りつつ上手に取り入れていくのが良いと思っています^^

 - contents ,