シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

茶柱が立つと良い1日、と言われていますが。

アメリカのジンクス

あなたは「ジンクス」って気にしますか?

シャドースピーキング-138例えば、「日本茶をいれたとき茶柱が立っていると幸運になる」といったジンクスです。信じるも信じないも自分次第。でも幸運になるジンクスなら信じたいですよね(笑)

実際、日本にはこういう「ジンクス」って結構多いんです。

額にニキビができたら誰かに思われている「思われニキビ」とか…初夢を見た時に白い蛇が出てきたらその1年はものすごく良い年になるとか…そういえば、初夢だと富士山と鷹と茄子も縁起が良いと言われていますね(笑)

ちょっと思い出すだけでも、「幸運になる縁起の良いジンクス」がたくさんあります。日本のジンクスは「ゲン担ぎ」みたいなものが多く感じますよね。

ではアメリカでの「ジンクス」とはどういうものなのかご存知ですか?

実は、アメリカで「ジンクス」というとどちらかといえば不幸なものを差すことが多いようです。「何かを言ったせいで不幸が訪れる」という時に用いるのが“jinx”です。

アナと雪の女王という映画の中で、アナとハンス王子が歌っている“Love is an Open Door”という歌に“Jinx! Jinx again!”という歌詞があります。これはアメリカの言葉遊びで「罰ゲーム」のような意味があるのだそうです。

日本だとゲン担ぎのような意味で使わていれる「ジンクス」が実はアメリカでは不吉なこと…なのでアメリカ人に、「私のジンクスは●●なんだ!」なんて話しをすると、もしかしたら「その●●が不運を呼び寄せるものなのか」と解釈されてしまうかもしれません。

でも、アメリカにも日本で言う「ゲン担ぎ」にあたる「幸運を呼び寄せるもの」が存在します♪「ジンクス」とは呼ばないようですが(笑)その話はまた後ほど^^

 - contents , ,