シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

世界一有名なゲームキャラクター

アメリカに定着した日本の文化

前回「世界の危険な遊び」についていくつかご紹介させていただきました。危険な遊びは流行らないでほしいですが、みんなが楽しめる遊びであれば問題は無いですよね^^

以前も“Red light Green light”という「だるまさんがころんだ」は世界中で楽しまれているお話をしたかと思います。(レッドライト・グリーンライトとは?

その際、色々な発想で生まれるアメリカのおもちゃもご紹介しましたが、やはり今は何と言ってもゲームが主流。その立役者となったのは日本の誰もが知っているゲームメーカー「任天堂」ですね^^

シャドースピーキング-132-3任天堂のファミコンがアメリカに上陸して2015年で30周年を迎えました。なんとその当時は「マリオブラザースはミッキーマウスより有名だった」という逸話が残っているくらいアメリカ中を席巻していたそうです。

この任天堂の快進撃にはゲーム業界も戦々恐々だったようですが、怯えていたのはゲーム業界だけではありませんでした。

When Apple Computer President Michael Spindler was asked in March 1991 which computer company Apple feared most in the 1990s, he answered, Nintendo.

「90年代アップルにとって最も脅威になるコンピュータ会社は『Nintendo』だろう。」

これは当時のアップル社の社長マイケルスピンドラー氏の発言。アップルという大手コンピュータ会社ですら任天堂を脅威に感じるほどだったようです。

このようにアメリカでテレビゲームが大人気となったのは任天堂のおかげなのです^^もしくは「マリオ」のおかげと言っても過言ではないかもしれませんね。

マリオが主人公のゲームの累計販売本数は代表的なシリーズのみでもなんと…全世界2億6,000万本以上ですから(笑)世界一有名なゲームキャラクターのマリオとそれを生み出した任天堂。

アメリカ人の「遊び」の中に日本の「文化」が定着したというのはとても喜ばしいことですよね♪

 - contents , ,