シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

日本では流行らないでほしい遊び

世界の危険な遊び

かつて「FaceBook」から流行った“Ice Bucket Challenge”という遊びがあったのをご存知でしょうか。

シャドースピーキング-131指名された人が24時間以内に氷水をかぶるか100ドルを寄付し、次の挑戦者を指名するといったものです。この企画自体はアメリカ発祥で日本に上陸してきたわけですが賛否両論ありましたよね?

元々はALSという病気とは関係なく遊び感覚でスタートした“Ice Bucket Challenge”。氷水を頭からかぶるわけですから各地で事故などもあったようです。こういった「危険な遊び」は日本で生まれることは少なくほとんどが海外から上陸してきます。

2014年には「米国の若者らの間で通行人をいきなり殴りつける『ノックアウト・ゲーム』という行為が流行している」といったニュースがありました。

道を歩いていたらいきなり殴られてしまう。もはや遊びと言える域ではありません…。ニューヨーク周辺地域で流行しているそうですが、実は日本の大阪でも似たようなことがあったようです。

また、ラスベガスのナイトクラブ発祥の『ウォッカ・アイボーリング』という無茶なお酒の飲み方も流行っています。どのような遊びかというと…「目からウォッカを飲む」そうです^^;

急速な酔いが得られるとのことでその行為を動画にUPしている人もいるようですが、「目に障害を抱える人も現れるなど危険性がある」と言われていますので決して真似をしてはいけませんね。

SNS等で外国人の方と交流する機会も今後増えてくるかもしれません。ですが、くれぐれも危険な遊びには付き合わないようにしましょうね^^

 - contents , ,