シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

「あひるとネズミを食べる」という空耳

外国人が空耳で日本語を学ぶ

前回「掘った芋いじるな」などの空耳英語をご紹介させていただきました。空耳英語は“お遊び”みたいなものですので覚える必要はなく、余興で使う程度にしておきましょう^^

ところで、フジテレビ「目覚ましテレビ」という番組のあるコーナーでも取り上げられていた「外国人が日本語を学ぶ際に空耳を活用している」という事実をご存知でしょうか?

外国人の方に日本語を教える際に使えるかもしれませんので、いくつかご紹介していきます

まずこちらの文章をご覧ください。

itchy knee sun she go rock city hatch cue juice

ぱっと見て答えが分かるかもしれません。

でも各単語を和訳すると

かゆい、膝、太陽、彼女、行く、ロック、都市、ふかする、キュー、ジュース

と、本当に意味が分かりません(笑)

正解はイチ、ニー、サン、シー、ゴー(1,2,3,4,5)…の数字です。知っている側からすると逆に覚えにくいのでは?とも思いますが、非常に覚えやすいそうです^^

ではもうひとつ。

eat a duck and a mouse

シャドースピーキング-128英文(?)だけを見ると「あひるとネズミを食べる」というすごいニュアンスですよね^^;

発音を考えずにそのまま読むと「イートアダックアンドアマウス」

少し変化させると「イータダックアンマウス」

すばやく発音してみると「イタダキマス」

そうです、「いただきます」になります(笑)

微妙に意味が合っているようで合っていないような空耳ですが、日本語を学ぶ際に結構使われているようです。もし日本語が分からない外国人がいたら空耳を活用して教えてみるのも面白いかもしれませんね♪

 - contents