シャドースピーキング【公式】

~同時通訳者も使っている4ステップですぐに話せる英会話~

*

英語圏のYouTubeでコメント欄を読めますか?

英語のネット用語、スラング

日々英語を学習していると「スラング(slang)」という言葉をよく目にするようになると思います。そもそも「スラング」とはどのようなものかご存知でしょうか?

スラングは、特定のエスニック集団、職業、年代、生活環境、ライフスタイル、趣味、嗜好を共通にする「集団の中でのみ通用する隠語、略語、俗語」のことです。つまり「日常会話で使われる、非正規の表現」のことを意味します。

英語のスラングは単語ごとの意味を知っていても、日本人には理解できない解釈のものが沢山ありますよね。

例えば、“I screwed up.”これは「ミスった」という意味になります。和英辞書で「失敗する」を調べると“make a mistake”というフレーズが出てきますね。ですが心から謝罪する場合、くだけた表現ではありますがネイティブは“I screwed up.”を使います。

ちなみにこの定義でいうと、日本語の「ザギンでシースー」(銀座でスシ)もスラングになるようです(笑)

さて、こういった「通常のスラング」はまたの機会にご紹介するとして…今回はインターネット上におけるスラングのお話です^^

シャドースピーキング-121例えば外国人が投稿したYouTube動画に英語らしき何かでコメントが書いてあるものを見たことはありませんか?英語だとは思うけどよく意味が分からない言葉。

lol


この文字はよく見かけるはずです。「エルオーエル」だけだと何のことだか分りませんよね。

これは“Laughing Out Loud”の略で「大笑い」を意味するスラングなのです。日本でいうところの「(爆笑)」や「www」と同じ意味になります^^

こういったインターネット上のスラングのことを「ネットスラング」と呼び様々な言葉が生まれています。次回はそのネットスラングをいくつかご紹介したいと思います♪

 - contents ,